事故車でも高く売った話。そもそも売れる理由はなんで?

  • 2016年3月14日
  • 生活

car-iroiro

たとえ事故車でも高く売れる理由があります。それは、解体し部品の再利用や海外への輸出、需要のある修理工場への売却です。

さらには、鉄やアルミなどの資源価値まで存在します。


ただしどこの企業でも買い取れるわけではありません。

 

実は、車の廃車を行い解体をするには、資格が必要になるからなんです。

 

例えばディーラーや中古車販売店では、このような資格は持っておらず、専門業者へ流すというのが一般的な為、仲介料が発生してしまいます。

なので、安く買い叩かれたりまたは処分費が必要になったりする事があります。

 

どうすればマージンを発生させず高く売るのかは、直接、専門業者に売却してしまう事です。

 

現在は、専門業者が増えてきており、また手数料から引取料金まで無料、そして売却額も付けてくれる会社までもが存在します。

 

そこまで経費を使ってでも買い取るには、事故車であっても利益が出せるという裏付けでもありますね。

 

 

もちろん、事故車の場合は不動車であったり、修復歴車やただの交換車の場合もありますので、しっかりとした査定が必要になります。

 

その見分け方や売却先をもっと詳しく知るには事故車売る.xyzを参考にして下さい。

 

 

また、一括査定は、各社から連絡が入り、対応に追われる為困るという声も上がりますが、実際にはそれだけの会社が買い取れるという人気車種なので高く売れます。

 

 

逆に不人気車種の場合は、電話はおろかメールでの返信、またはかんたんな内容を記載された返信文しか返ってきません。

 

今はネットで査定もしくは、予約をすれば現地まで査定に来てくれる訳ですから、わざわざ時間をかけて営業所まで行き、0円と言われて渋々処分をお願いする必要はありません。




コメントはまだありません


You can leave the first : )