格安スマホとは?どんなメリットがあるのか?

  • 2016年1月7日
  • 生活

smp

 

一般のスマホは、総務省から事業用電波の割り当てを受けて、全国的にアンテナ等の施設を整備して、顧客に通信サービスを提供しています。

格安スマホを販売している事業者などは、一般的な事業者とは違って自前の施設を整備せずに、全国的に施設を整備している事業者から通信回線を一括して借り上げて、それを顧客に割り当てて通信サービスを提供しているのです。

つまり、自分では施設の投資をしないため、経費が安く抑えられます。

その分を消費者に還元するため、月額費用が安く利用できるという訳です。

逆に、施設を維持しなければならない事業者にとってみれば、長期的、安定的に大容量の通信回線を販売することができますので、極めて健全な収入源となります。

今では大手スーパー、家電量販店なども格安スマホを販売していますし、ウェブでも比較サイトがあるので拝見してみてはいかがでしょうか。

格安スマホ人気ランキング.com
(利用者の口コミや人気格安スマホを比較したサイトです。)

ただ一つ変更した際のデメリットは、通信回線を借り上げているため、通信容量に制限があるため、時間帯によっては繋がり難くなること、契約によっては、一定の通信容量になると制限がかかることなどがあります。

それでも、一日数時間もyoutubeなどを視聴しないで、ネット検索、メールの送受、一般的なゲームをするだけであれば、十分な通信容量はあります。

今では通信容量によってさまざまな料金設定がありますので、自分のライフスタイルにあったものを探してみましょう。




コメントはまだありません


You can leave the first : )